スターの道筋

diesp8d(ディスペード)と言う名の「スター物語」のあらすじ。
そう、言い換えればそれはプロフィール。


 


diesp8d (ディスペード)

人は皆売れた奴の事をスターと呼ぶ。
だけど俺たちの場合はなんのイタズラか、
先にスターになっちまった。。
あとは売れるだけさ!!

スター街道爆進中のハードロックユニット。


「第一部あらすじ」

2015年7月札幌SUSUKINO810,吉祥寺SHUFFLEでの1stLIVEより始動。東京、北海道、名古屋、大阪を中心にライブを展開し2016年5月に1stミニアルバム「DiE SP8D」をリリース.フジテレビ「PARA★DO」とコラボし一ノ瀬メイ選手のイメージ動画に[walk in the spirit]を提供。同年11月には初の主催イベントを札幌と渋谷で開催。2017年5人編成だったバンドからBa,Gtが脱退。ドラムはサポートだった為、vo)iSSE.,gt)俊太の2人は新メンバーを探しながら活動を続ける。

「第二部あらすじ」

2017年5月7日渋谷スターラウンジにてSEXXXとツーマンライブ「あえて言おう、とうとう会えたな!」を決行。そしてその日よりDr)冬馬夢が加入。同年10月に2ndミニアルバム「DiE SP8D 2」をリリース。2018年1月冬馬夢が脱退。iSSE.,俊太の二人でユニットとしての活動を決め進む

「第三部あらすじ」

2018年3月池袋でのライブからはベーシスト、ドラマーをサポートで迎え、完全ユニット形態として動く。同年10月野外フェス「MIKROCK’18」に出演。池袋での活動を拠点としながら,大阪、広島、名古屋、神戸、三重、千葉、北海道と勢力的に活動範囲を広げていくけどあんまり目に止まらない。2019年4月ユニットになってからの初作品[die sp8d 3rd]をCDとカセットテープでリリース。これが後に「スター」と化すdiesp8dの「デモテープ」となる事を当時の二人は想像もしていなかった。。

「第四部あらすじ」

池袋Adm。2019年7月。二人の中で「何かが変わりつつ」あった。「このままじゃ行けない、変わらないといけない、でもどうやって?何をどうすればいい?」二人は悩んだ、B’zやガンズ、モトリーのような憧れのロックスターになる為には、このままではいけないと。。「まてよ、スターには今からでも成れるんじゃないか?。そうさ!何も売れてないとスターに成れないなんて事はないんだ。スターになろう!!あとは売れるだけさ!」そして二人は美川憲一の写真を片手にブティックの街、原宿へと繰り出したのだ。。

スターになったdiesp8dは8月には池袋Admの伝統フェス,ブクロックフェス(流し出演),念願の池袋Adm名物イベント梅雨将軍(前座),TOKYOCALLING前夜祭,クリスマスイブぬるぬる相撲と。月に5~9本のライブを池袋Admで重ねていった。この頃からライブで「お前もお前もKomachi Angel」という楽曲を演奏しはじめた事で、いつしかdiesp8dを応援するファン達は「Komachi」と呼ばれるようになっていった。

そして2019年池袋Admの若手バンドの中で圧倒的1位のライブ本数を重ね。池袋Admに出演しはじめてたった1年で12/31のカウントダウンイベントに出演する事になったのだ!(カウントダウンアクトではない)。

2020年2月18日「オープンカーに乗ってラスベガスに行こうぜ!」MVを公開。小町学祭(SNSフォロワー500Komachi突破記念無料ライブ)ではKomachi達と試写会も決行。そしてこの日よりiSSE.は一星へと改名。

「第五部あらすじ」

2020年3月、遂にスターdiesp8dはサーキットフェス「見放題東京2020」への出演が決まった!
しかし、世界は変わってしまった。新型コロナウィルスのせいで中止。。
それでもスターは諦めなかった。急遽新宿Marbleと連携を取り、独自の配信GIG「見られ放題東京2020」を行ったのだ。視聴数は2000を佑に超えた(出たり入ったりする人も多かったのだろう)。それからスターの配信激は始まった。

遠征も3MANも2MANもイベントも全てが延期、中止、自粛となっていく中。
4月からYouTube番組「スターライトニッポン」をバイト先のコールセンターでSPと共に始め、毎日動画投稿「スターボーカル教室」も始めた。

5月9日には池袋Admの配信では初のバンド編成のライヴを行った(ワンマン)。

同時期にはInterFM897にて豊島”ペリーー来航”渉さん(バックドロップシンデレラ)のプレイリストに「オープンカーに乗ってラスベガスに行こうぜ!」を流してもらい、クラウド型オムニバスLIVE HOUSE AID IN MIHOUDAIにも参加し主催の民やんさんに「個人的なおすすめはオープンカーに乗ってラスベガスに行こうぜ!」とTwitterでつぶやいてもらった!

更に卵のマークがシンボルのレーベル(E○○S)にCDリリースをしないか?と声がかかるが

後にスターは配信のトークで滑り続け某レーベル(○G○S)からは「もうバンドには可能性を感じていません」と言われてしまう。

この時スターはこんな言葉を残している

「滑っててもいいんだよ、滑りながらでも、それで前に進めるなら」

めげる事無く続け、池袋Admの配信イベントにも他に例を見ない数出まくった

ステージには、気付けばサポートメンバーの姿はそこに無かった。何かに解き放たれたように打ち込みサウンドとスター2人の姿がそこにあった。

 

「第六部あらすじ」

2020年9月22日「ザ・ファイティングピーポー」の爆誕。

「無菌GIG」

プレミアムチケットを購入したお客様のご要望どおりに作詞作曲をし、ライブでお披露目&音源データと歌詞をプレゼントするという池袋Admイベントだ。

スターdiesp8dはこのイベントに何のイタズラか出続ける事になる。

「自分の為ではなく、皆のに向けた曲、準代表曲になるような曲を作ってください/by 船酔いジョニー」
そんなリクエストから生まれたこの曲が「ザ・ファイティングピーポー」

イベント趣旨としては、そこまでやらなくて良いんだけど気付けばスターはレコーディング合宿に篭っていた。合宿を終えた直後、「オープンカーに乗ってラスベガスに行こうぜ!」300リツイート突破記念「都内ライブハウス巡礼フルマラソンチャレンジ」を行い、その翌日に右足に爆弾を抱えたまま、「ザ・ファイティングピーポー」のMV撮影&写真集の撮影を行う。

2020年11月某日。

懇親の作品「ザ・ファイティングピーポー」

遂にMVの公開の時が来た!かに思われた。。。

歌詞に誤字があった。。

終止サビの字幕が「ファインディングピーポー」になってしまっていた。。
ニモだった。。

写真集付きCDの初刷り50冊が誤字のまま印刷されてしまい、謝罪のお手紙を同封した限定プレミアバージョンとなった。。いや、した。

EP「ファイティングピーポー」がApple Music日本ロックアルバムランキングに191位にランクイン

2020年10月20日池袋Adm「決闘将軍」diesp8dとTHE FREE MANでフロアとステージにバンドセットを2つ組み向かい合って一つのセットリストを二つのバンドで同時に行うという前代未聞の配信ライブに出演。

2020年11月29日遂に30Komachi(名)限定
有観客&配信ワンマンライブ「ファイティングピーポーダンシングナイト」を決行
池袋Admで初ワンマンライブをすることが出来た!

そして12/31 diesp8dは池袋Admのカウントダウンアクトになった!
池袋Admで出会った仲間アマノカオリ(プピリットパロ)さんとイワターボX(The quilt,ロマンスアンドバカンス)君がサポートメンバーを努めてくれた

「第七部あらすじ」

カウントダウンで迎えた2021年。1月1日ステージの上から発表した『百人のKomachiAngel署名』。新型コロナウィルスのせいで幾度となく変化する、人数制限や、時短要請、中止や延期が続く中、それでも100人ワンマンがしたいスターは『いつ、どこ』は置いといて、先に署名を募り、あとで会場を押さえると言う行動に出た。

また署名をしてくれた人達には『約束のラバーバンド』を配布した。

1月2日池袋東口ボーカルスクールにて昼、夕方、深夜〜日の出でビルの屋上で配信コンサートを行う。

その後も吉祥寺Planet Kと池袋Admでコンサートに出続ける。

 

ある日、ふるさと札幌のライブハウスSPIRITUAL LOUNGEが新型コロナウィルスのせいで閉店してしまうというニュースを知ったゴッドボイス一星は札幌時代からの先輩、青木亞一人(アシュラシンドローム)さんに連絡をとる。

もうSPIRITUAL LOUNGEのステージに上がれることはなくなってしまう。

スターは『百人のKomachiAngel』とは別にSIPIRITUAL LOUNGEでワンマンコンサートを行う事を決意、青木亞一人さんもゲスト出演してくれることになった!

しかし!チケットが全然売れていなかった!

これでは3月9日サンキューの日(ど平日)を選んで感謝のコンサートを行うどころか、ご迷惑をおかけしてしまう!どうしよう!と思ったスターは『サンキューという思いをもっと頑張って伝えよう。さすればチケットも売れているであろう!』と言う思いから『39時間テレビ』を決行。

撮影、企画、全てセルフで39時間のツイキャス配信を行った。

チケットも売れ、嬉しかったスターは衣装のまま飛行機に飛び乗った。

3月7日札幌CrazyMonkey ナデシコドールと2MAN無観客配信コンサート

3月9日札幌HALL SPIRITUAL LOUNGE ワンマン スペシャルゲスト 青木亞一人(アシュラシンドローム)

札幌の遠征は無事完走!

この頃からしばしばライブの事をコンサートと言い始める。

初期の頃は『ライブクルージング』と称し、ライブの転換中に心地よい波の音のBGMとナレーションを流していが、撤収作業を行う前の出番のバンドが気まずくなってしまうという理由からなくなり『ライブクルージング』というネーミングも謎になったので、『コンサート』と言うようになった。

更にコンサートのMCでは

『天空より舞い降りし、霊長類最強のゴッドボイス、あゝとにかく良い声ボーカル一星』
『あまたのレジェンドを頷かせ、真のレジェンドに到達した男、ザ・エンペリアルフィンガー。ミスターディスペード俊太』

と言うメンバー紹介があったが、尺が長いと言う理由でいつしかなくなり。もはや二人の名前が

一星→ゴッドボイス一星

俊太→エンペリアルフィンガー俊太

と進化した。

札幌から帰ったスターは休む間も無く再び池袋Adm,吉祥寺Planet Kのコンサートに出続け1月〜3月で14本のコンサート+配信を行い4月からフルアルバム『GOLD』のレコーディングを行う。

レコーディングも全て独自で行うというのがスターの特徴だ。

スター初のフルアルバム『GOLD』は百人ワンマンに向けて集まってくれるKomachi達に曲を知った状態で楽しんでもらいたい。その思いが込められたフルアルバムだった。

 

アルバムからは監督がそれぞれ異なる

『カモン!エビバディ』『バイバイ』『バイブレーションに犯されて』の三作品をMV公開

ゲストコーラスには野田(HUMAN DRIVE)さんとマザー・ヤナギ(虎の子ラミー)さんが参加

後にdiesp8dオールスターズとして固定サポートメンバーを努める
SNG(Kicazal)さんとsaya(yenca)さんも参加している

5月7日年男のゴッドボイス一星の誕生日に渋谷スターラウンジにてGOLDのレコ発イベントを開催する予定だったが、新型コロナウィルスのせいで延期。

全バンドが日程を再度合わせることが困難で何ヶ月も練ったイベント自体は振り出しに戻る事になった。

頭を悩ませたスターは気づけば衣装に『年男』というタスキをかけ、特に予定もないのに下北沢の街を放浪していた。そんな姿が目に映りV6がメインMCを務めるテレビ番組『アメージパング!』の街灯インタビューを受け、ちょっとテレビに映った。

5月20日『韓流セレブレイト』と2MAN

5月22日ゴッドボイス一星がボランティアスタッフから成り上がって掴み取った出演権
念願のサーキットフェス『武蔵野音楽祭』に出演

5月〜6月も池袋Adm,吉祥寺Planet K,下北沢ラグーナと合計10本のコンサートを行い

6月30日クリス(淀川パリジェンヌ)君、Boiler陸亀、流血ブリザードと共にGOLDのレコ発イベントを無事行うことが出来た。本来5月7日に出演予定だったバンドのカバーも行うと発表していたが、時短要請を受け実現は叶わなかった。しかし、この日スターは8月にスター主催フェス『トレンディロックフェス(T.R.F)』を開催すると発表した。

 

つづく。。。

 

 

instagram


天空より舞い降りし、霊長類最強の声の持ち主
ゴッドボイス一星(ex.iSSE.)

■誕生日;5/7
■出身;兵庫神戸市
■血液型;A
■好きなもの:たこ焼き
■座右の銘:ステージの上では一番上で居ろ、ステージの下では一番下で居ろ

@isseryuu


数多のレジェンドを頷かせ、新のレジェンドに到達した男
エンペリアルフィンガー俊太
(ex.俊太)

■誕生日;4/1
■出身;北海道
■血液型;A
■好きなもの:カレーライス
■座右の銘:レロレロレロレロ

@syunta_atnuys